戒名(法名・法号)|寺院墓地.com

寺墓地の情報数No1   寺墓地の掲載件数 2,482(2017/09/21現在)
寺院墓地.com

はじめに

死者に贈られる名前のように考えられがちな「戒名」ですが、本来は仏門に入った出家者が戒律を守る証として与えられる名前のことです。かつては、一般の人はなかなか戒名をいただけることはありませんでした。しかし、今日では法要や儀式を受けたり、一定の講習に参加したりした人に対しても授けられるようになっています。
戒名は宗派によっては、「法名」や「法号」と呼ばれます。浄土真宗では、宗祖の親鸞聖人が「何ひとつとして戒を守れない凡夫だから、弥陀の誓願によってのみ救われる」との教義を打ち立てたため、戒名がなく、「法名」をいただくことになっています。日蓮宗では法華信者は霊山浄土に生まれるとされるため、「法号」と呼ぶことが多いようです。
戒名や法名は必ず二文字で表されます。身分の高低に関わらず二文字であり、仏の世界は平等であることが示されています。また、お位牌に書かれた戒名は、院号・道号・位号などの全てが戒名と受け取られることが多いですが、戒名は本来二文字だけです。

  • 院号・院殿号
    生前に一寺を建立するほど寺院につくすとか、社会的に高い貢献をした人につけられます。
  • 道号
    戒名の上につけられるもう一種類の名ですが、わかりやすくいえば、号とか字にあたるものです。中国で道号が生まれ、日本に伝わってから戒名の上につけられるようになりました。
  • 位号
    位号とは戒名の下につけられている「居士」や「大姉」のことで、性別や年齢により違いがあります。位号の種類については以下の通りです。

位号の種類

  • 成人男子…大居士・居士・大禅定門・禅定門・清信士(善士)・信士(清浄士)など
  • 成人女子…清大姉・大姉・大禅定尼・禅定尼・清信女(善女)・信女(清浄女)など
  • 男の子供(15歳くらいまで)…童子・大童子・禅童子など
  • 女の子供(15歳くらいまで)…童女・大童女・禅童女など
  • 男の子供(4、5歳以下)…幼児・嬰児・孩児など
  • 女の子供(4、5歳以下)…幼女・嬰女・孩女など