法要(法事)|寺院墓地.com

寺墓地の情報数No1   寺墓地の掲載件数 2,482(2017/09/21現在)
寺院墓地.com

法要(法事)

法要とは、遺族が故人を偲び冥福を祈るために行う「追善供養」のことを指します。
一般に法要は「法事」と呼ばれていますが、厳密にはお経をあげてもらう追善供養を「法要」と呼ぶことに対し、追善供養の後席の会食まで含むものを「法事」と呼びます。

仏教では法要を行う日が決まっています。
死後七日ごとに四十九日まで行う忌日法要と、一周忌、三回忌、七回忌などの年忌法要が主なものとなります。また、その他に毎年の故人の命日(祥月命日)、春と秋のお彼岸、7,8月のお盆などがあります。
忌日法要と年忌法要を行う時期については、以下の表のとおりです。

 

法要の種類 行う時期
初七日 7日目(亡くなってから)
二七日 14日目
三七日 21日目
四七日 28日目
五七日 35日目
六七日 42日目
七七日(四十九日) 49日目
百カ日 100日目
一周忌 満1年目
三回忌 満2年目
七回忌 6年目
十三回忌 12年目
十七回忌 16年目
二十三回忌 22年目
二十七回忌 26年目
三十三回忌 32年目

初七日

初七日とは、命日も含めて七日目に行われる供養で、葬儀後、最初に行われる大事な供養です。最近は参列者の負担を考慮して、葬儀の日に「還骨勤行」と合わせて行うことが多くなっています。「還骨勤行」とは、火葬場から帰ってきた遺骨を迎える儀式で、祭壇の前に集まり、僧侶にお経をあげてもらう儀式のことを指します。

四十九日

仏教では人が死ぬと七日ごとに七回、閻魔大王によって生前の所業を裁かれ、49日目に判決が言い渡されるといわれています。この49日間を「中陰」と呼びます。「中陰」は、亡くなってから次の生を受けるまでの期間で、故人はこの間、成仏できずにさまよっているといわれています。49日目の判決の日は「満中陰」と呼ばれ、この日が「忌明け」とされています。法要後には忌明けの会食が行われます。
四十九日は、それまで喪に服していた遺族が日常生活に戻る日でもあります。また、忌明けに合わせて香典返しが贈られます。

葬儀の後、遺族は遺骨、遺影、白木の位牌を安置し、花や灯明、香炉を置くための中陰壇を設けます。位牌は四十九日までに漆塗りの本位牌に替えなくてはなりません。四十九日法要を終えた後、白木の位牌は菩提寺に納め、本位牌に僧侶から魂入れをしていただき、仏壇に安置します。

年忌法要

三回忌は、亡くなってから満2年の命日に行うもので、三回忌からは回忌という数え方になるため注意が必要です。一周忌と三回忌は四十九日に次いで重要な法要とされ、必ずひとりひとりの法要を営みます。七回忌以降は同じ年に法要が重なった場合、まとめて行ってもよいとされています。また、七回忌以降は、法要の規模を小さくしていくのが一般的であり、三十三回忌、または、五十回忌をもって弔い上げ(年忌法要の終了)とすることが通常です。

一周忌

故人が亡くなってから一年後の命日が一周忌です。一周忌までが喪中であり、この日をもって喪が明けることとなります。喪中に迎えた正月には、年賀状や初詣などの正月行事は控えます。