浄土真宗本願寺派|寺院墓地.com

寺墓地の情報数No1   寺墓地の掲載件数 2,482(2017/09/21現在)
寺院墓地.com

浄土真宗本願寺派

宗祖 親鸞聖人

ご本尊 阿弥陀如来

教え

浄土真宗では、「阿弥陀如来に帰依すると決めた時点で、誰でも仏になることが約束される」としています。阿弥陀如来に帰依した後の念仏は仏になるために唱えるのではなく、仏になれた感謝の表現として唱えるものです。自分の修行などによって極楽浄土へ往生しようとする「自力念仏」ではなく、阿弥陀如来を信じ感謝の心とともに唱える「他力念仏」が浄土真宗の念仏です。

お唱えする言葉

「南無阿弥陀仏」

主な経典

「観無量寿経」「無量寿経」「阿弥陀経」「教行信証」

総本山

西本願寺(京都市下京区堀川通花屋町下ル)

お墓について

教義上受戒がないので、「戒名」とは言わず「法名」といいます。法名の前に男性は「釈」字を、女性は「釈(尼)」字をつけます。「釈」とは、「釈尊」の「釈」であり、お釈迦様の弟子であるという意味があります。院号・道号・位号はありません。
「南無阿弥陀仏」や「倶所一処」と彫ることが多いようです。