港区高輪 泉岳寺 (東京都港区) |寺院墓地.com

寺墓地の情報数No1   寺墓地の掲載件数 2,439(2017/03/29現在)
寺院墓地.com

墓所の詳細情報

港区高輪 泉岳寺

一般墓  曹洞宗

国指定史跡 赤穂四十七義士墓所

現地見学などのご相談もこちらから

  • 概要
  • 価格詳細
  • MAP・アクセス
※画像クリックで拡大します。

泉岳寺は東京都港区高輪にある、曹洞宗の寺院。

泉岳寺は、一般的には墓地に赤穂義士のお墓があることで有名だが、
創建時より七堂伽藍を完備して、諸国の僧侶二百名近くが参学する叢林(禅寺)として、
また曹洞宗江戸三か寺ならびに三学寮の一つとして名を馳せていた。

曹洞宗のご本山は二つあり、一つは道元禅師が開かれた福井県の永平寺、もう一つは横浜鶴見の総持寺。
道元禅師の主著は仏教の神髄を表した『正法眼蔵』という95巻に渡る書物。

泉岳寺は慶長17年(1612)に門庵宗関(もんなんそうかん)和尚(今川義元の孫)を
拝請して徳川家康が外桜田に創立した寺院。
しかし寛永18年(1641)の寛永の大火によって焼失。そして現在の高輪の地に移転。
時の将軍家光が高輪泉岳寺の復興がままならない様子を見て、
毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷の五大名に命じ、高輪に移転した泉岳寺は出来上がった。
浅野家と泉岳寺の付き合いはこの時以来のもの。

叢林として、また曹洞宗江戸三か寺ならびに三学寮の一つという家風は引き継がれており、
人数は少ないものの、大学で仏教を学びつつ泉岳寺で修行を勤めるという若い修行僧が、現在もいる。

ここに眠る著名人 :浅野内匠頭長矩 瑤泉院 赤穂義士(赤穂四十七士)  大石内蔵助良雄 大石主税良金 原惣右衛門元辰 片岡源五右衛門高房 堀部弥兵衛金丸 堀部安兵衛武庸 吉田忠左衛門兼亮 近松勘六行重 間瀬久太夫正明 赤埴源蔵重賢 不破数右衛門正種 岡野金右衛門包秀 奥田孫太夫重盛 早水藤左衛門満尭 間十次郎光興 大高源五忠雄 武林唯七隆重 高島嘉右衛門

住所 東京都港区高輪2-11-1 宗旨・宗教 曹洞宗  

設備・施設

法要施設・多目的ホール 駐車場 管理棟・売店 

アイコンの説明はこちら

▼資料の取り寄せ、現地見学のお問い合わせやご質問はこちらから▼

  区画名 面積 永代使用料[A] 墓石・施行価格[B] 総額=[A]+[B] 年間管理費 空き/募集状況  
1 一般墓所・セット価格 1区画  ~    5,500,000円~ 6,000円~  

▼資料の取り寄せ、現地見学のお問い合わせやご質問はこちらから▼

MAP

アクセス

  ▼浅草線「泉岳寺駅」A2出口より徒歩3分
▼南北線・三田線「白金高輪」1番出口より徒歩10分
▼JR線「品川駅」高輪口より徒歩15分
首都高速道路「飯倉」「天現寺」「目黒」インター各出口より12分

▼資料の取り寄せ、現地見学のお問い合わせやご質問はこちらから▼

  • 概要
  • 価格詳細
  • MAP・アクセス

近隣のおすすめ墓地

港区高輪 正源寺墓苑 港区高輪 正源寺墓苑
東京都港区高輪2-1-45
高輪正源寺 永代供養墓 高輪正源寺 永代供養墓
東京都港区高輪2-1-45
陽壽院 陽壽院
東京都港区高輪2-1-21